納品して思うこと

皆様、ご無沙汰してます。スタッフの橋本です。

だいぶ間が空いてしまい、本当にすみませんでした!!

これからはほぼ日刊(平日)になりますので、空白を一気に埋めていきます!

では本題ですが、本日、納品に行きました。パンフレットではないのですが、
記念式典用のプログラムです。(了解を取ってないので顧客名は伏せます)
制作 → 校正 → 印刷 → 納品 という当たり前といえば当たり前の流れですが、
仕上がったときに気に入ってくれるかどうかなど、すごくドキドキすることが
あります。

もちろん不安要素を消すために丁寧にヒアリングを行い、校正時にもどう感じているかを
きちんと把握するのは大事なのですが、それと同時に常に「どうやったら気に入ってくれるだろうか」
と考え続けるのも大事ではないかな、と最近思います。そこがあってのヒアリング、提案でしょうし・・・。

慣れによるミス、手抜きはいつでも自分のすぐ横にいる、と昔いわれたことがあります。
改めて気持ちを引き締めておこう、と思いました。

・・・何だか硬い文章になっちゃいましたね。
次はシルバーウィークに行ったお見合いパーティーの話でもしますかね・・・・

それでは皆様、また明日~