制作の流れ


大分パンフレット制作.comでは、

お客様が納得した商品を制作でき、

費用対効果を最大化させるため、

各フェーズにおいて数多くの施策を実施

しています。

下記では、作成手順に沿ってその一部を

ご紹介させて頂きます。

お問い合わせ

弊社へ直接お電話又はメールフォームにてお問い合わせください。現時点でお考えの媒体種別/サイズ/部数/納品希望日などを簡単にお伺いの上で、お客様のご都合に合わせて弊社ディレクターがお伺い致します



開業前や事務所改装時など、貴社内での打合せが困難な場合にも喫茶店などでの打合せが可能です。現在お持ちの制作物やイメージに近いデザインサンプル、競合企業の広告物などがございましたら予めご用意ください。

ヒアリング

会社案内、商品パンフレット、製品カタログ…など主な用途によって一定のカテゴライズはされても、お客様ごとに業種や訴求対象、効果的なアプローチ方法などが異なります。
大分パンフレット制作.comでは、費用対効果を最大化させるためにヒアリングの時間を重要視しています。



ヒアリングは弊社ディレクター主導で行われ、訴求対象(一般消費者/新規企業/既存企業等)や対象層(性別/年齢/所得 等)、市場に照らした貴社の強みと弱み(価格/品質/独自性/アフターケア/ネットワーク 等)、主な用途(営業資料/資料送付/店頭設置/広域頒布 等)など、潜在化されたお客様の思考をヒアリングによって引き出します。

企画・プランニング

顕在化した情報を基にお客様の現状分析・市場分析・競合分析などのマーケティング要素を交えて要件定義、企画コンセプトを固めて具体的な制作計画に落とし込みます。



制作物のサイズや仕様、ページ構成や掲載コンテンツ、デザイン性やコピーライティング、用紙・加工・配布方法に至るまで、お客様に最適なご提案をさせて頂きます。

プレゼンテーション

大分パンフレット制作.comでは、ご担当者様・プロジェクトチーム・意思決定者様間での共通認識促進やコンセンサスを目的として、企画提案書やデザイン草案を基軸としたプレゼンテーションを行っています。



プレゼンテーションによる効果は制作コンセプトの相互理解や情報共有だけでなく、広告戦略の発展などにも繋がります。

色校正

掲載コンテンツが固まり、デザイン&文字校正の終了連絡(校正終了)を頂いた後に色校正を行います。パンフレットの色校正には実際の印刷と同じ用紙・インキ・印刷機を使用する「本機校正」、実際と同じ用紙・インキを使用する「本紙校正(平台色校正)」、専用紙・専用インキ・専用機による出力を行う「DDCP校正(簡易色校正)※」があります。



印刷仕上がりのシミュレーション精度が求められる案件には本機校正や本紙校正を推奨しております。
※DDCPとはDirect Digital Color Proofingの略。
校正紙を校正専用機で刷らず、専用紙に直接出力するカラーシミュレーションシステム又はそれを用いた校正方法の呼称です。

印刷・加工

目的や訴求方法に適した印刷・加工方法をご提案致します。

 

パンフレット制作.comへお気軽にお問合せください!

TOPIX&新着情報

新着情報一覧はこちら